想像置場

日々想像

連日の猛暑にウンザリしています。

明日の大阪、最高気温が36度とは正気か・・・?汗

 

日中(大体お昼明け)に外へ出るとその日差しのキツさに汗が止まらず体力を奪われ最寄り駅へ着くや溢れ出す汗。肌にへばりつく衣類。不快感が上がっていきます。

 

外を歩くと時期が時期なもので就活生が律儀にリクルートスーツを羽織って活動に勤しんでいます。僕も再就職人間で同類なのでその苦しさは分かります。

 

観察した就活生の数が少ないので一概には断定できませんが、誰も見ていない暑い道でもスーツジャケットを脱がずに歩いている就活生、男性の方が割合多いような気がします。女性はカバンにジャケットを入れてブラウス姿で歩いているのを見かける気がしますね(あくまで「気がする」)。

 

何も「人事が見ていなくとも外を歩く時はピリッとした正装を崩すな」なんて一昔の考えは持っていないので怒る気もないのですが、一瞬目につくということはまだ自分の中でそうした概念が存在しているんだなと感じました。

 

ネクタイしめなくてもそれと同様の意を示すアイテムが出来れば首元開けれて少し涼しくできるのになあと思う所です。