想像置場

日々想像

就活していてふと感じたこと。

まだまだ就職活動中の身にある中で、これは新卒時にも感じたことではありますが、1次面接が人事担当者だった時は高確率で落ちます。ちなみに部長クラスでも落ちます。通るのは代表と面談した時ぐらいです。あと可能性があるとすれば代表以外の創業メンバー。

 

これは個人的な感想ですが、やはり経営者と従業者では採る目的が異なるからだと思います。経営者は自組織の発展を常に考えています(おそらく)。その上でどういった人材が必要なのか、また、自分の所だけでなく社会で活躍する人材も輩出していこうと考えているのであれば人材の目利きにより力を入れます。何より、最終判断をする身であるために上司の目を気にしてなんて行為をすることもない。

対して従業者が臨む採用活動とは、まず第一に「今年は何人採用する」というノルマが存在します。本当に今の自組織に必要な人材は?といった具体化をしたとしても、数の確保と自身の評価を気にするがために、無意識の内に無難な人を採ろうとしてしまうのではないでしょうか。もちろん高スキルを持つ人材を手にしたい気持ちはあるでしょうが、自組織に自信が持てず「他へ行ってしまうのではないか」と懸念してしまうと結局は他所へ行かなさそうな無難人材で数を埋めようとしてしまいます。

 

まるで自分が高スキルを持った人間であるかのような物言いになりましたが、決してそうではありません。僕よりも高スキルを持った人はたっくさんいらっしゃいます。

 

人事が取り組む仕事は多岐に渡りますが、採用に関してはなるべく代表がまず顔を出して求職者とコミュニケーションを取ることが重要であると思います。「1次:代表→2次:部門責任者→最終:人事」といったトップダウン式が採用においてのミスマッチや取り逃がし防止になる気がするのは僕だけでしょうか?