想像置場

日々想像

誰を見ているか。

某有名企業の転職サイトを複数利用して求人を見ていますが、

なぜこうも「面白そう!やってみたい!」と思える仕事が無ければ

それを伝えてくる表現にも出会えないのでしょうか。

 

求人内容はザックリと

・企業名

・職務内容

・勤務地

・給料

 

その他諸々と、1枚の画像が掲載されています。

どうもその「1枚の画像」が魅力を削いでしまっているように思ってしまうのです。

 

扉絵的なものと言うのでしょうか。

大体見かける作りとしては

 

・社内入口で社員が整列している(そして笑顔)

・イケてる系社員が腕組みドヤ顔して立っている

・派手な色使いと誘惑性のあるメッセージを訴えている

・オフィスで上司と部下らしき2人がPCに向かっている

・社員旅行や全体集合の写真を使っている

 

などなど。

とにかくあらゆる表現を通じて自社の存在をアピールされています。

 

けれども個人的に知りたいことは何かというと、

「社会に対して何をしていく存在なのか」ということ。

要は「貴社の経営理念は何か」を知りたいわけです。あくまで僕の場合は。

 

いつの時代も組織の発展には「共感」が存在していたと思います。

そして人出不足が謳われる現代において、

人を集めるためには共感という存在の必要性が増しているはずだと考えています。

 

転職する人が前職よりも良い環境を求めているのは確かです。

だから福利厚生の良さや仕事のやりがいを訴えている企業が多いのは分かります。

 

ただ、それらを判断する前提として、「この会社は何を目指している」のか。

ここが明確でないと、そして求職者がそこに共感できないと、

いくら待遇を良くしたところで人は集まっても優秀な人が来るとは限りません。

 

企業が新たな人材を求める理由は、

組織の成長に貢献してくれる優秀な人と出会い、力を貸してもらうことのはずです。

 

だとしたら、ただ福利厚生を謳っただけの広告に果たして良い人材は来るのか。

 

駒として確保したければ別ですが、

広告を出す以上、ターゲットは誰なのかをもっと明確にしてから

出さないと、金の無駄遣いになっている企業求人が本当に多いと感じました。