想像置場

日々想像

空白期間への気がかり。

採用担当者と面接をしていると、必ず聞かれるのが「離職期間の長さ」。

「離職されてから随分と期間がありますが、この間は何をされていたのですか?」と

必ずといっていいほど聞かれます。

 

私の場合は早10ヶ月ほどの空白期間が存在しているので、

世間で耳にする「3ヶ月以内が有利」ゾーンからは外れています。

 

先日も面接で人柄、ポテンシャルの高さには大いに期待アリと評価を頂いた一方で、

離職期間の長さとその間にしていたことに対する納得感が今一つ得られないとのことで

採用への判断を渋られることがありました。

 

人柄、ポテンシャルがあると言いながら、空白期間に対する根拠を理由にマイナスの考えを持つ。これは非常に勿体ないことだと思います。期待感が持てたのであれば前向きに採用を検討したら良いのです。特に未経験でもOKとして求人かけているのならば。

 

確かに「離職期間が長い=働く意欲が無い」というイメージを持たれがちですが、

なぜ期間が空く=やる気なしと見なすのかが理解しがたいところ。

 

スポーツ選手のように「充電期間」と話をした所で「その年齢でそれはどうよ」といった反応をされるのは不快な気分になります。まだまだ企業の「人材を活かすための戦略・戦術」には時代遅れ感が否めない面があると強く感じます。

 

とりあえず働け。これが無職かつ離職期間の長い人に対して多くの方がかけてくる言葉だと思います。が、この「とりあえず」を決めるのは本人です。長くなった理由は個人の怠慢のみならず、市場にも原因があることを企業側は考えてみる必要があると思っています。