想像置場

日々想像

偏り。

土地柄か、ここ最近は転職サイトの求人更新日を迎えても目新しい求人が出てきません。なにをどう検索してもトップに出てくるのは人材派遣業関連。ついで広告業、不動産業といったところでしょうか。とにかく目新しさが無い。

僕自身も求職活動が長い身ですが、求人出している企業もいつまで人材求めてるんだとついツッコミをいれてしまいます。

 

転職期間が3ヶ月を過ぎると転職が難しくなるというのなら、求人出して3ヶ月以上、求める人材を確保できなかった企業は続けて求人を掲載する前に、組織運営におけるコンサルティングを受けて体質改善を図らなければならないといった制約が必要なんじゃないかと思ったりします。

 

何にせよ人手不足により、人材の確保や活力ある組織を作り出すことは大半の企業で課題として挙がっているかと思います。しかし、今の時代はちょっとしたこともネットですぐ調べることができるので、会社の詳細調べて少しでも業務内容や条件が合わないと判断した求職者はアプローチをしてきません。人が集まらないことを個人云々を理由にしていては一向に歩を進めることはできないと思います。

 

僕は人事を経験したことがないので採用担当者がどのような思いで業務に携わっているかは想像上のことになるけれども、人が集まらないからととにかく都合の良い文句を謳って気を引いたりフレンドリーな雰囲気を見せている企業へは一求職者として応募することはありません。お金欲しさや楽さを求めて応募される人はいるだろうけど、その手で募集して得をするのは経営者ぐらいだと思います。

 

話を戻して求人サイトの部分になりますが、人材紹介を図る企業に限らず基本は成果報酬型であることが望ましく思います。広告掲載にまず費用がかかってしまうのであれば、企業は自社で採用サイトを作る方向に走ります。が、人を求める企業の大体がマイナーなので結局人が集まらず、求める側も紹介する側もくすぶってしまう。

 

求人広告を取りやすい企業からではなく、本当に人を必要としている企業の役に立つことを前提に求人広告営業に携わった方が良いし、人材の使い回しをしている企業(離職率が異常に高い企業)に対しては広告掲載を断ってむしろ「ここに入るなら相当の覚悟が必要だ」と業務妨害と言われようが抑止の役割を求人広告業は担う必要があると思います。

 

とりあえずは、東京一極集中の求人サイトではなく、地方でも多種多様な職務を求職者側が選択できるようにしてほしいと思う所です。エージェントが抱えている隠し求人とかもっと大っぴらに出せばマッチング率高められるのでは?