想像置場

日々想像

事業よりもまずは人を見ること。

先日訪問した企業での面接で感じたことを。

 

それは、どんなに有力なコンテンツやこれから拡大が見込める事業を有していても、そこに属しているメンバーに対する誠意をトップが持っていなければ(示していなければ)そのコンテンツを成長させることはできないということ。

 

私が訪問した企業はこれから十分に成長の余地を持っている事業を扱っている会社で、規模拡大のために人員を募集しているところでした。そのため採用においてもいかに「私達と一緒にやってくれるか、その力を貸していただけるか」という協力を依頼する姿勢で臨むことが大切なはずです。しかし実際の所は「俺の言う事ややっている事に反対する奴は出ていったよ」だとか、組織の活動状況についても「個々人に任せているので把握はしていない」といった返答。トップがこれでは正直言って成長できません。

 

なぜ反対されたのか、その理由は何なのかを十分に振り返ることなく「じゃあ辞めろよ」といって組織における課題を蔑ろにしては組織の拡大も事業の成長も見込めない。そんなに社員に対して愚痴を垂れるなら最悪「個人でやり切ればいいじゃないか」と言われてしまいます。まさに組織崩壊です。しかし、独りでは明らかに手が足りない。だから他の人にお願いして仕事を手伝ってもらう。この意識がトップに無ければ「組織一丸となって」というワードはただの自己満足に終わります。

社内から不満が起こった際は、その不満の原因は何なのかを追究して解決案を発信・実行していくことがトップには求められます。確かに自分の言う事に従えない人には去ってもらいたいものですが、そもそもなぜ自分の言う事に従ってもらえないのか、もし表現を変えて伝えたらその姿勢を改めてもらう事はできないだろうかと何故考えられないのかが不思議です。

トップには様々な葛藤やストレスがあるだろうとは思います。しかし、トップである以上は事業の成長や数字だけに目を奪われることなく、そこに深く関係している自組織の人材についても十分に意識を置く必要があると思います。

社員が頑張れる理由には福利厚生や報酬などありますが、一番は「人」です。

「この人に付いていきたい」「彼のために頑張りたい」と思ってもらえることが事業を拡大し成功させる上で何より欠かせないことをトップが自覚しなければ、今後も経営が苦戦・成り立たなくなる所がたくさん出てくるだろうなと思います。